IWONU 眠りのNewsletter

【硬め派?柔らかめ派?】理想的なマットレスの硬さはどっち?

【硬め派?柔らかめ派?】理想的なマットレスの硬さはどっち?

マットレスを買い替える時に迷うのが、「硬さ」ですよね! 硬めが良い!という人もいれば、柔らかめが好き!という人も…千差万別なマットレスの好み、果たしてマットレスの理想的な硬さや基準はあるのでしょうか? マットレスの理想的な硬さとは? マットレスの理想的な硬さを表す数値…なんてあったらわかりやすいのですが、実は最適な硬さは人それぞれ異なります。といいますのも、私たちが言う「マットレスの硬さ」というのは、体感的な硬さですので、寝る人の体型や骨格、体重によって異なるのです。 例えば、世界的な傾向からみると、日本人は硬めのマットレスを好む傾向があると言われていますが、これも日本人はどちらかというと華奢な体型の人が多いからではないかと言われています。 極端な話、同じ硬さのマットレスでも、身体が大きくて90kgくらいある方と小柄で40kg前後の方では沈み込み方が全く異なります。 つまり、理想的なマットレスの硬さは自分で試して見つけるしかないのです…! 硬めマットレスの魅力とは? まず硬めのマットレスは、反発力が強いので、寝返りしやすいという利点があります。軽い力で寝返りできると睡眠中に簡単に寝返りが打てるので、身体の一部分に負担がかかり続けるということがなくなり、寝起き時の身体のだるさや重さが軽減されます。 また、腰痛持ちでお悩みの方には硬めのマットレスがおすすめです。硬めのマットレスなら腰が沈み込みすぎないので、寝ている間に不必要な負荷がかかりません。 硬すぎるマットレスのデメリットとは? 仰向けで寝た時に、身体がほとんど沈み込まず、腰に隙間ができるような場合は、マットレスが硬すぎると考えられます。 硬すぎるマットレスだと、体圧が肩や腰など出っぱった部分に集中してしまうので、体に負荷がかかります。そうすると、血行不良が起こり、肩こりや腰痛の原因となってしまうのです。 柔らかめマットレスの魅力とは? 身体がふんわり包み込まれるような柔らかめのマットレスはフィット感があるので、その独特の寝心地が心地よいという魅力があります。柔らかめマットレスの代表的な種類として低反発マットレスがありますが、シューっと重さに応じて沈み込む感じがありますよね! 程よい柔らかさだと体圧を均等に分散してくれるので、理想的な寝姿勢を保ちやすいというメリットもあります。特に、横向き寝の方は肩や腰の出っ張りに負荷がかかりにくいので、楽に寝やすくなるでしょう。 また、マットレスとの密着度が高いうえ、保湿性が高い素材が使用されているので、冬場に冷えにくいという声もあるようです。 柔らかすぎるマットレスのデメリットとは? がっしりした体格の方や筋力が弱い方は柔らかすぎるマットレスだと身体が沈み込み方すぎてしまい、腰に負荷がかかってしまいます。腰痛持ちの方も柔らかすぎるマットレスだと、腰に負担がかりやすいので注意が必要です。 また、反発力が低いので、寝返りがしにくいというデメリットもあります。寝返りをしないというと、深く眠れているように聞こえますが、身体のためには一晩で20回程度の寝返りをするのが好ましいと言われています。 自分に合ったマットレスを選んで快眠生活! 結局のところ、理想的なマットレス=身体に余分な負荷がかからず適度に寝返りしやすい硬さといえそうですね! iwonuのマットレスは分割構造になっているので、上半身・腰・足元でお好きな硬さにカスタマイズできます。『柔らかめが好きだけど腰が痛い』という方は腰部分を硬めにすることも可能です。 マットレスの買い替えをご検討の方は是非この機会にお試しください!

もっと読む
新婚さんのマットレス!おすすめのサイズや選び方のポイント!

新婚さんのマットレス!おすすめのサイズや選び方のポイント!

ウキウキワクワクの新婚生活!結婚を機に二人暮らしを始める場合、家具選びや寝具選び、食器選びなど二人で選ぶものがたくさん…大変ですが、それも楽しいですよね。 幸せオーラが出てるお二人に、マットレス選びのポイントを伝授したいと思います! ワクワクの新婚生活!寝具選びは重要です! 新婚時などに「とりあえずこれにしとこっか」と買ったもの…意外と買い替えの機会がないものです。1から揃えるのは大変ですが、マットレスは毎日使う大切なものですし、妥協せずに選びましょう。 ちょうど良いサイズ感はどのくらい? まず最初に悩むのがベッドサイズですよね。結婚関連情報雑誌のアンケート結果によると、新婚さんが選ぶベットサイズは 1位ダブルベッド 2位シングルベッド 3位セミダブルベッド   となっています。 やはり、新婚さんはダブルベッドで仲良く…というイメージがありますよね!ダブルベッドだとシングルベッド2台よりも狭いスペースで置けるので、部屋を広く使えるという利点もあります。 一緒に寝る?別々に寝る? 毎日一緒に暮らすとなると、一つのベッドで一緒に寝るか、それぞれのベットで寝るかの問題があります。 仕事の時間や生活リズムが異なる2人の場合は、別々のベッドの方が良いかもしれません。一緒のベッドが良い場合は、パートナーを起こさないでも起きられるよう、広めのマットレスを選ぶようにしましょう。 また、暑がりな方や大柄な方はダブルベッドだと少し狭かったり寝苦しく感じる可能性があります。マットレスの種類によっては、大柄のパートナーの方側に傾斜がついてしまい、小柄な方の寝心地が悪くなってしまったり、逆に小柄な方にとっては快適な硬さなのに大柄な方には柔らかすぎる…なんて問題が起きてくるかもしれません。 iwonuの分割マットレスならダブルベッドでも問題無し! iwonuのダブル・クイーンサイズのマットレスは縦に3つ、横に2つの6分割構造なので、パートナーの影響を受けずに眠ることができます。 硬さもパーツごとにひっくり返してハードとソフトを選べるので、お互いにとってちょうどいい硬さを選べます! 話し合う良い機会かも!マットレスで考える二人の未来 たかがマットレス、されどマットレス…次に買い換えるまで、二人の生活に毎日関わり続ける寝具だからこそ、二人で話し合って選びたいですよね。 これからの生活やライフプランを話し合ってマットレスを選ぶのも良いかもしれません。 子供が産まれたらどうするか いずれはお子さんを…と考えているお二人なら、クイーンサイズのベッドマットレスを選ぶのがオススメです。 お子さんが一人で寝れるようになるまで3人で寝られますし、一つのベッドが大きくなる分、ベッドの個数が少なくて済むので、お子さんが小さいうちは家のスペースを広く使えるメリットがあります。 今後引越の予定は…? 近いうちに引越しの予定がある場合は、少し購入を待つのも一つのアイディアです。 大きなベッドの引越しは意外と大変です。ベッドフレームは解体してしまえばなんとか運べるものの、クイーンサイズやダブルサイズのマットレスは階段や出入り口の搬入・搬出が大変です。引越し先の出入り口や階段の幅によっては、かなり搬入が困難になるかもしれないということを頭に置いておきましょう。 分割できるマットレスなら引越も簡単! iwonuの分割マットレスはカバーを外せば最大幅97cmになるので、引越しや模様替えも簡単です! 梱包もしやすいので、衛生的に運べるのも嬉しいポイントですね。 寝具を揃えて幸せな新婚生活を! 新婚さんのマットレス選びのポイントをご紹介致しました。 お二人でじっくり読んで、素敵なマットレスを見つけてくださいね!

もっと読む
質の良い睡眠について考えてみよう!

質の良い睡眠について考えてみよう!

現代社会の日本では睡眠の質が低い事が問題視されています。「世界睡眠調査」によると、日本の睡眠満足度は調査対象国の中で最下位、睡眠に満足している人は、わずか3割しかいないとのこと…。 質の良い睡眠は身体の健康、ココロの健康どちらにとっても非常に大切です。今日も一日頑張った自分を労わってあげる為に、睡眠を見直しませんか? 質の良い睡眠とは? まず質の良い睡眠について考えてみましょう。 厚生労働省の発行している睡眠評価指標によると、 1.すぐ眠れること 2.ぐっすり眠れること 3.気持ちよく目覚めること 上記3つを全て満たしている場合、質の良い睡眠を取れていると判断できると言えるでしょう。 ココロと体が休めていることが重要 従来は「◯時間寝る」「◇時までに寝る」など、睡眠時間を重視する傾向がありましたが、近年では『量より質』の考え方が浸透してきています。 もちろん、睡眠不足は言語道断ですが、切れ切れに一日中寝たり、週末にまとめて寝る…なんていうのはあまり良くありません。日々質の良い睡眠を取ることが重要なのです。 そのためには、ココロと体の両方が休まる環境を作る必要があります。考え事をしながら眠ったり、ストレス過多な状態は良くありません。もちろん、ソファーや床など、身体に良くない場所で眠るのも質の低下に繋がります。 レム睡眠・ノンレム睡眠とは? 睡眠中、ココロと体を休ませるために、脳は働いています。それがレム睡眠です。 私たちの眠りはノンレム睡眠とレム睡眠を繰り返しています。寝始めはノンレム睡眠、徐々に浅い眠りになりレム睡眠で起きることが出来れば、脳がスッキリしているので、スムーズに起きる事ができるのです。 ちなみにレム睡眠のレムはrapid eye movementの略です。意味は急速眼球運動、脳が覚醒している間、眼球が動いているらしいですよ! 睡眠の質を上げるためにできること3つ さて、ここからはどうやったら睡眠の質を上げられるのか考えてみたいと思います。先述した3つのポイントを満たすために出来ることをご紹介します。 日の光を浴びる 朝起きてすぐ日の光を浴びると、体内時計がリセットされるので、気持ち良く目覚める事ができます。また、日光を浴びると「セロトニン」というストレスを軽減する脳内物質が分泌されるという事が研究によりわかっています。 セロトニンは夜になるとメラトニンの原料となります。メラトニンは睡眠ホルモンともいわれる、眠りに入るために必要なホルモンです。 つまり、朝起きた時に日光を浴びれば、さわやかに目覚め、夜には眠くなるという仕組みです! 入眠儀式を決める 子育てをした方にとっては馴染みのある言葉かもしれませんね。入眠儀式は大人にも効果的です。 寝る前にハーブティーを飲む、ストレッチをする、ゆっくり10分本を読む…など、ルーティンを決めておくと、ひとつひとつの動きをするごとに眠りに入る準備が整い、ベッドに入るとすぐ眠れるようになるのです。 睡眠環境を整える せっかくすぐ眠れても、すぐに目が覚めてしまったら仕方ありません。 朝まで目覚めず、ぐっすり眠るためには睡眠環境を整えるのが効果的です。寒すぎず暑すぎない掛け布団や程よい高さの枕、ちょうど良い硬さのマットレス…など、睡眠をサポートしてくれる寝具を選びましょう。 睡眠の質を上げて、日々の生活を豊かに! 睡眠の質が上がれば、仕事の効率も上がりメンタルも安定しやすくなります。出来ることから始めて、徐々に睡眠の質を上げていきましょう。 iwonuのマットレスは睡眠の質を高めることを目標に、マットレスの素材や形状にこだわり作られました。こだわりのマットレス、ぜひお試しください。

もっと読む
あくびが止まらない!原因と対処法を解説

あくびが止まらない!原因と対処法を解説

会議中や仕事中、あくびが止まらない…地味に困るシチュエーションですよね。一日中ひっきりなしにあくびが出るのには、何か原因があるのでしょうか? あくびが止まらない原因と対処法について解説いたします。 しっかり寝たはずなのにあくびが止まらない!その原因とは? 実は、あくびが出るメカニズムはいまだ解明されていません。睡眠は脳と密接な関わりがあるので、まだまだわかっていないことが多いのです。 現時点では、あくびは脳の覚醒のために必要な行動なのではないかと推測されています。脳の酸欠状態を解消させるためや脳の温度を調整するため、あくびをすることで新鮮な空気を取り込み、脳を活性化させるのです。 脳梗塞や熱中症など脳がダメージを受けた時に、あくびが出るのも関連性があるのではないかとも言われています。 それでは早速あくびが止まらない原因についてご説明いたします。   ストレスが溜まっている 退屈な会議であくびがでたり、試験や面接の前にあくびが出るのはストレスが原因だと思われます。ストレスの影響を受けた脳をリフレッシュさせるために、自然とあくびがでるのです。 よく眠れていない もちろん、寝不足によってあくびが出ているとも考えられますね。自分では良く寝ているつもりでも、眠りが浅くなっていたり質の良い睡眠が取れていなければ、十分に休めていない可能性が高いです。 酸欠状態 狭い部屋に大人数でいたり、暖房機器の影響で部屋の酸素が薄くなっている時ってありますよね。その場合も脳が酸素を必要とするのであくびが止まらなくなる可能性があります。 止まらないあくび…効果的な対処法とは? 「原因なんていいから、このあくびを今すぐ止めたい!」という方もいらっしゃるかもしれません。それでは、早速止まらないあくびを止めるための対処法についてお話したいと思います。 深呼吸をする 仕事中や試験前でも自然にできる一番効果的な対処法が深呼吸です。「鼻からゆっくり吸って口から吐く」何度かくりかえすだけであくびが止まるはずです。 ゆっくり深呼吸をすることで、脳に新鮮な酸素が届くだけでなく、緊張がほぐれてリラックスできます。リラックスすればストレスも軽減されるので、あくびも止まるうえ、最高のパフォーマンスを披露できるかもしれません。 短時間の仮眠もGOOD 最近良く聞く就業中の仮眠や昼寝、これらもあくびを止めるのに効果的です。昼ご飯を食べた後などに短時間の昼寝をすると、注意力や認知機能が格段にUPするという研究結果も出ています。 堂々と仮眠できない環境なら、こっそり昼休憩の時に10分から20分ほど人目につかないところで仮眠するのもオススメです。寝過ごし・寝過ぎには注意しましょうね! 寝具を見直す あくびが出た時の対処法だけではなく、根本的な解決方法も一緒に考えておきましょう。 日中にあくびがでないようにするためには、やはり質の良い睡眠をとることが重要です。日本人は世界と比べても睡眠の量と質が共に低いと言われています。忙しくて長い時間寝ることが難しくても、質を高めることは可能ですよね。 短時間でも質の良い睡眠を取るためには、自分に合った良い寝具で眠ると良いでしょう。最適な高さの枕や季節にあった掛け布団、寝姿勢をサポートしてくれるマットレスなど、睡眠をサポートしてくれる寝具を揃えておくと良いですね。 しっかり睡眠をとって、あくびを止めよう! 睡眠をしっかりとって、ストレスを減らすことであくびを止めることができるかもしれません。仕事や試験など、目の前のものにしっかり集中できると良いですね! 自分に合った寝具をお探しの方はiwonuのマットレスがおすすめです。分割構造でカスタマイズでき、持ち運びも簡単なマットレスの詳細はこちらをご覧ください! https://iwonu.jp/pages/lp-introduction-02-short

もっと読む
マットレスのダニ問題…駆除方法とは?

マットレスのダニ問題…駆除方法とは?

毎日使うマットレス、清潔に保ちたいですよね。高温多湿の日本では、ただ綺麗にするだけでなく目に見えないダニの発生に注意しないといけません。 頭を悩ませるマットレスのダニ問題…駆除方法から対策まで徹底的に解説いたします! 気をつけて!マットレスにダニが発生する理由とは? みなさまは毎日どのようにベッドメイキングしていますか?綺麗好きな方は、朝起きて掃除機をかけ、夜寝やすいように綺麗に整えてるかもしれませんね。 でも、その習慣…ダニにとっても嬉しい習慣かもしれません。 ダニはジメジメ湿気が大好き ダニは湿気が大好きです。ジメジメしているところなら、元気に活動できるばかりか、繁殖活動も盛んになります。ダニが喜ぶ環境の目安として室温が25度以上で湿度が65%以上、蒸し蒸しした環境は要注意と覚えておきましょう。 さて、朝一にベットメイキングをするのは危険かもしれない…と先程お伝えしましたね。寝起きの布団は綺麗に見えても私たちの寝汗や体温により、かなり湿度が高い状態です。特にマットレスや掛け布団の中は掃除機をかけてる間だけでは乾燥しません。 その状態のマットレスに掛け布団をかけて整えてしまうと、日中にベッドの中がむわっとしてきてダニの発生を助けてしまうのです。 朝起きたらマットレスと掛け布団の湿気を取るよう、掛け布団をできる限り風通しの良いところに置いておくなりすると良いですね。 フケやアカ、埃も大好き… 「ベッドシーツをこまめに変えれば掃除機はかけなくてもいいかな…」忙しいとなるべく家事を減らしたいですよね。でも、ベッドの上に掃除機をかけないと、知らないうちにフケや垢がマットレスに付着してしまいます。 マットレスに付着したフケや垢はダニにとってご馳走です。横着して掃除機をかけないだけで、エサを与えることになってしまうので、シーツをこまめに変えるだけでなく、掃除機もかけるようにしましょう。 洗えないマットレス…効果的なダニ駆除方法とは? ダニ退治について考えていると、なんだか身体がムズ痒くなってきますね…徹底的に大掃除したくなってきた方も多いのではないでしょうか? とはいえ、マットレスは洗濯出来ないのでお手入れに限りがあります。マットレスに潜んだダニを駆除するにはどうすれば良いのでしょうか? ダニ取りシートでダニを死滅 まずはマットレスに市販の「ダニ取りシート」を使うのがオススメです。ダニ取りシートはダニの餌になるものをシートに含ませダニを誘い込み捕獲後、シートに含まれている乾燥剤で死滅させるという仕組みになっています。 捕獲したダニは肉眼で見えないので、なんだか信憑性が…と思われるかもしれませんが、第三者機関で実験した結果を公表していたり、アレルギーやアトピーの学会から推奨されていたりする商品なら信頼できると思って大丈夫です。 ダニの死骸や糞を除去 マットレス内のダニを駆除したら、マットレスに残ったダニの糞やダニの死骸を掃除機で吸い取ります。 布団専用ノズルなどを使用すると効果がさらに高まりますよ!、 定期的なお手入れでダニの発生を予防! 上記に加え、定期的にマットレスのお手入れをすると安心です。湿気を取るために、マットレスを立てかけて陰干ししましょう。 梅雨の時期や寝汗をかきやすい方はこまめに陰干するとダニ対策として効果がありますよ。 駆除&予防でマットレスのダニ対策はバッチリ マットレスのダニ対策は駆除と予防、どちらも行う事が肝心です。毎日は大変でも、週に一度や月に2度など、お手入れする日を決めて定期的にお手入れすると良いでしょう。 iwonuのマットレスは分割構造なので、お手入れも簡単です。マットレスのカバーを開けて、マットレスを少し崩して通気性を良くするだけで簡単に湿気対策が行えます。 詳細はこちらから! https://iwonu.jp/pages/lp-introduction-02-short

もっと読む
寝姿勢が重要?肩こりとマットレスの関係性

寝姿勢が重要?肩こりとマットレスの関係性

つらい肩こりでお悩みの方…整体に行ったりストレッチをしてみてもなかなか良くならない時は、『寝姿勢』を見直してみると良いかもしれません。 睡眠中に肩周りに余計な負担がかかると、肩こりが悪化する原因となります。 今日は肩こりとマットレスの関係性について考えてみましょう。 肩こりの原因はマットレスにあるかも? 寝起きに肩の重さやダルさを感じる場合、マットレスが身体に合っていないせいで寝ている間に疲れが溜まっている可能性があります。 意外と長い就寝時間、何時間も肩に負担がかかりっぱなしになってしまうと肩こりが悪化し、いずれは四十肩・五十肩の原因にもなってしまうかもしれません。 肩こりと睡眠中の姿勢 肩こりにお悩みの方ならご存知だと思いますが、肩こりは血行不良や筋肉の過度な緊張などで引き起こされる症状です。 身体に合わないマットレスで、長時間うつ伏せ寝や横向き寝で眠ると、肩こりを悪化させる原因になるかもしれません。というのも、うつ伏せ寝は首に負担が、横向き寝は肩に負担がかかりやすく、筋肉の過度な緊張や血行不良を起こしやすいのです。 特に、日々忙しく疲れが溜まっていて、ベッドに入ったら朝まで熟睡…という方は注意が必要です。最初にベッドに入った姿勢のまま動かず朝まで過ごしてしまうと当然全身が凝り固まってしまいます。 適度に寝姿勢を変える寝返り…意外と重要なんですよ! 肩こりを放置する危険性とは? 万年肩こりに悩まされていると、常に不快感はあるものの、「治さないと!」という気持ちは薄れてきてしまいますよね。 しかし、肩こりは放置すると様々な不調の引き金となります。例えば頭痛やめまい、耳鳴りも肩こりが悪化するとなりやすい症状です。さらに悪化すると自律神経の乱れを招き、更年期障害の悪化や抑うつ症状が見られるようになります。 たかが肩こり、されど肩こり、放置は厳禁です! 寝返りしやすいマットレスで肩こり解消! 肩こり解消のためには、適度に寝返りが打てる身体に合ったマットレス選びが重要です。 寝姿勢を正して肩こり解消するために重要なポイントをチェックしておきましょう!   適度な反発力で寝返りをサポート やはりまずは寝返りが打ちやすいかどうかです。 軽い力で寝返りが打てると、眠りを妨げずに寝姿勢を正すことができます。適度な反発力があると、寝返りをサポートしてくれるので自然と寝返りの回数が増えるはずです。 ちなみに、寝返りは一晩で20〜30回くらいが望ましいと言われています。 そういう意味では、低反発よりも高反発の方が肩こりには良いのですが、横向き寝の方だと、高反発すぎるマットレスだと硬く感じ、実際肩と首に負荷がかかりやすくなります。 ですので、横向き寝の方はソフトな弾力のマットレスが適しているといえるでしょう。 体格にあった硬さを選ぶ 「良いマットレス」とは、人によって違います。というのも、80kgのがっしりした体格の方と40kgの華奢な体格の方では同じマットレスを使用しても感じ方が全く異なります。 一般的に、がっしりした体格の方は硬めと言われるマットレスがしっくりくる傾向にあります。ある程度重さがあるので、硬めと言われるマットレスでも身体が十分沈み込むからです。 反対に華奢な体格な方は、硬めのマットレスだと身体が沈み込まず寝心地が良くありません。身体がある程度沈み込まないとマットレスの反発力も活かせないので、程よく身体が包み込まれる硬さのマットレスを探すと良いでしょう。 自分に合ったマットレスを選んで肩こり改善!快適な睡眠を… マットレスを見直すだけで、肩こりの改善につながるかもしれません。快適な睡眠で清々しい朝を迎えることができれば、一日の過ごし方も変わってきます。 iwonuのマットレスは分割構造なので、パーツごとに好きな硬さを選べます。ソフトとハード、組み合わせを変えるだけで寝心地が変わるので、最適な寝心地を見つけられます! 肩こりでお悩みの方にもiwonuのマットレスはオススメです。是非お試しください!

もっと読む